未来はこの手の中に

君がステージに立ってくれる限り

新生Travis Japan

 

先日の少年倶楽部にて松松加入後の新生Travis Japanを見て鳥肌がとまらなかった…。

 

私はトラジャをずっとみてきた人間じゃないので理屈なんてものは微塵もないのですが、OPで1人1人うつる瞬間から鳥肌がとまらなくて、"過去と別れを告げて"のところでは気づかないうちに涙がでた。

その涙はけして悲しい涙じゃなかったようにおもう。どちらかといえばかっこよすぎて涙がしぜんとこぼれた。青山劇場でうまれたこのグループを、Travis Japanという名前を、守りつづけるみんなが強くてまぶしくてかっこよくてたまらなかったんです。

 

わたしが知ってる宮近くんって岩橋くんからいじられててそれを「やめろよ玄樹〜」って嬉しそうにしてて、どちらかといえばナヨッした印象がのこってて。でもここ一年くらいかな。宮近くん見てハッとするというか、ドキっとするというか。"少年"だったはずの宮近くんが"男"になったんだなって。

それはきっとたくさんの出来事が宮近くんをそうさせたのかな。宮近くんが望んでそうなったのかもしれない。私にはわからない。わかりっこない。私なんかが分かっていいはずないんだ。そんな簡単なことじゃない。

けして今まで良いこと続きだったグループとは言いがたいけれど、OPでうつる宮近くんは凛々しくて堂々としていて、トラジャ今から羽ばたくよ!トラジャの未来は輝くよ!って理屈なしに思わせてくれた。可愛い宮近くんを一時の間忘れさせるつよいつよい表情だったな。

 

夢のHollywoodを歌う7人のパフォーマンスは他担ながらしびれた。夢のHollywoodを生かすも殺すも彼ら次第だったわけだけど、彼らは生かす道をえらんだんだな、って。

もうね、難しいことなんて言えないけど本気のパフォーマンスって伝わってくるんだなぁって。自然と人の心に訴えかけてくるんだなって。

ダンスが武器と胸を張っていえるこのグループに加入して違和感のない松松にはぐぅのねも出ない…。きっと不安がたくさんあったろうけど宮近くんの「文句言う奴は俺が許さねえ」に救われただろうし、自信がついたんじゃないかなあ。宮近くんのそういう所尊敬する。きっとあらんくんもみゅうとくんも君のそういうところに救われたとおもうんだ。さいごのさいごの瞬間までトラジャとして守ってくれて、トラジャになった人に最初に優しい声をかけてくれる、そんな君がいるからトラジャはトラジャでいられるんだっておもうんだよ、ほんとにともうんだよ。

「明日はない覚悟をして」これは今のTravis Japanにしか歌えない。Travis Japan以外に歌わせちゃいけない。

 

きっとたくさんの人が様々な思いを抱いてることだと思います。仕方ないよ、たくさんのさよならを知ってるグループでたくさんの優しさと少しの切なさが詰まったTravis Japanだから。はじめてのはじめまして、よろしくねに戸惑う人がいたってちっともおかしくはないと私はおもいます。

でも個人の意見としては「新生Travis Japanかっこいいじゃん」でした。他担だからすんなりと思えたのかもしれないのですが、あらんくんのいたTravis Japanとしてのさいご、最年少のさいごとなったステージをみて、トラジャだいすきなみゅうとくんのさいごのステージのみんなの切ないレポを見て、、、それでもなお7人のTravis Japanに希望を感じたんです。もうさよならはお腹いっぱいだよ。いいじゃん、さよならがあってはじめましてがあったって。それが彼らの輝く未来なら。何も恐れることはないんだ。

 

新しい息吹を吹いたTravis Japanに幸あれ。

心打つパフォーマンスをありがとう。

 

Prince Prince Prince

 

可愛すぎるタイトルに可愛すぎる3人のお顔、ひらくと多幸感がドバドバあふれだす。だいじょうぶ、泣いちゃうのは仕方がないよ、キラキラしてる3人がこんなにも「ありがとう」を伝えてくれて何よりも「Princessのために」って想いが伝わってくるんだもん。

 

Prince写真集発売、おめでとう。こんな日がくるなんて。うれしいな、ほんとに。

 

f:id:churatoma:20171127220106j:image

 

PrinceもPrincessも手にとるように分かった1つになったEXステージ。そのあとにオーストラリアに足をふみいれたPrince。そのタイミングもまさに最高で。自信にみちあふれた表情の3人がこの写真集につまってた。まぶしくて、うれしくて、少しくすぐったいくらいに幸せで、、、次にめくる手が進まないくらいに。

湾岸のときはもう写真集撮ってたんだもんなぁ〜。ずるいなぁ。こんな素敵な宝物ひかえながら澄ましちゃってさ。ずるいなぁ。

 

写真はもっっっちろん最高で誰もがこの星の大切なPrincePrincessって歌詞があたまのなかをループして、なによりも私にとってのPrinceは君たちだよー!って世界の中心でさけびたいくらいだった。でもそれ以上にすごく胸を打たれたのがインタビューだった。

 

それぞれを表す30個のキーワード🗝

じぐいわに対して岸くんが"ズッ友"ってキーワードをあげてて。これがなんというか、意外だった。岸くんって「特別」をつくらないイメージがあるというか、岸くん自身も感じてないかもしれない領域というか、、、EXが始まるまではそんな風に感じてて。でもEXでPrinceのステージをすっごく嬉しそうにながめててグッズのメンバーシールをあいふぉんにだんご3兄弟みたいに貼っちゃうくらいPrinceのこと大好きなの知ってうれしかったんだ〜。岸くんPrinceのこと「特別」じゃん、ってわたしのなかで思えたんだよね。ズッ友だって。ずっと友達だって。わたしにとって特別でうれしい3文字だったんだ。

 

そして神宮寺くんのインタビューで「チャンスがあれば3人で掴みたい」この言葉がうれしくって。いまでこそグループ戦のジュニアだけれど、本当のところ突きつめれば個人戦。そんな中で"3人で"って言葉が出てきていること、当たり前じゃないんだよ。それは3人自身がもたらした奇跡だよ。そしてジャニフワが今のPrinceの活動のバネになっているという言葉もすっごくうれしかった。あの舞台はわたしにとって今だ覚めない夢の舞台。これから先どんな舞台と巡り逢おうともジャニフワは特別であり続けると本気で思える舞台。そんな大好きな舞台が出ていた本人達にとっても支えになっているとしたら胸がいっぱいです。

岩橋くんにとってジャニフワはこの活動を始めてから一番悩んだ舞台だったそう。たしかに2人に比べたらセリフは少なかったな、今になって思うと。

アメリカに留学って道も考えてたこと、写真集をみてはじめて知ったよ。少しだけドキッとした。岩橋くんの人生は岩橋くんの自由で、岩橋くんが決めたことなら私は後ろ手をひっぱることはしたくないって思っているけど私たちがいることが岩橋くんの支えに少しでもなれていたならうれしいな。悩んで悩みぬいた舞台を「大好きだ」ってたくさんのインタビューで言ってたよね。そうやって壁にしっかりぶち当たって乗り越えようとするところ、弱いことを弱いと隠さず言える岩橋くんのこと尊敬するよ。

Princeの中で自分がまだまだだって思ってるのが岩橋くんらしいなとも思うし自信もっていいのに、とも思うしでもそんな岩橋くんが好きだったりもする。きっとこれからも岩橋くんは岩橋くんに満足することはないと思う。だから岩橋くんは進化していくんだろうな。つねに"その先"を追い求めて自信がないからこそ奮いたたせようとする強さ。岩橋くんの性格上表の舞台に立つことは苦しいときもあるかもしれない。

それでも自分はアイドル、「僕は一生アイドルです」って宣言してくれる岩橋くんはどのアイドルよりも素敵なんだよ。

あのね、岩橋くん。岩橋くんが他の2人に負けてないところあるんだよ。Princess想いなところ。今回のインタビューでも率先してPrincessってだしてくれてたの岩橋くんだったんだよ。夏のEXでも「Princeコンじゃないよ、PrincePrincessコンだよ!」ってまっすぐにいってくれたの岩橋くんだったよ、私はっきり覚えてる。いつでもファンの存在を忘れないでいてくれるところ、大好きなんだよ。

それはね、きっと岩橋くんが他の人よりもすこしだけ自信が足りなくなったり、気持ちが弱ったときにファンの人の声をしっかりと受け取れたからこそなんだと思うんだ。苦しいときに苦しいことを投げすてるんじゃなくて、ファンの人は今なにを思ってるんだろう?どうすればもっと喜んでもらえるのかな?って考えられた岩橋くんだからこそ今ここにいて、Princessって呼んでくれるんだと本気でおもうよ。絶対、絶対、大丈夫。岩橋くんはアイドルが天職だよ、だってこんなにもPrincessに愛されてるんだもん。二人の足を引っ張ってるだなんて思わないでいいんだよ。それでも思っちゃうのがきっと岩橋くんらしさなんだけど(笑)

 

そして私はこの写真集をよむまで、Princeってじぐいわの中に岸くんが仲間入りしたようなイメージをぼんやりと持っていたんです。

でも違ったんだなって。岸くんが二人を巡りあわせて導いてくれたんだなぁと思いました。岸くんにとって二人は後輩で、よくうつるときも悪くうつるときもあったかもしれないけど…それでも隣にいてくれた、時には突き放し、時には叱咤し、時には肩を叩いてくれた。そんな岸くんがいたからこそ二人がここにいるんだな、と。Princeの最年長、ありがとう。二人を好きでいてくれてありがとう。写真集をよんで心からそうおもった。

 

みすたーが外れたあの日のくやしさをきっと3人ともわすれてない。わすれてないからこそ今こんなにも優しく強い笑顔で私たちにほほえんでくれる。あの時を逆境と呼ぶのかもしれない。でも、あの時Princeはにげずに戦った。戦いをあきらめることは一度たりともなかった。そんな3人についてきてよかった。応援できてよかった。ずっと幸せでたのしくって。悔しいことはあったよ、それでもPrinceにげんめつすることも、諦めをかんじることも、きらいになることもなかった、そんな思い抱けるはずがないじゃん。悔しいときもずっとPrinceが大好きで、Princeなら絶対、絶対、大丈夫。って思えたの。根拠って言葉とはほど遠いものだったけど、根拠がないからこそ強いおもいだったな。根拠もなく信じさせてくれるPrinceってすごいとおもった。

ファンだってみすたーが外れたことすごく悔しくて悲しかった。VSって名前からみすたーを取られたことを見せつけられてるようで。でも、だれよりもみすたーが外れたことが悔しかったのはPrince自身のはず。それでも私たちの前にいるときは天使がまいおりたような笑顔で「今ぼくたちは幸せなんだよ」って伝わってきて。きっとその裏には悩みをたくさん、たくさん、たくさん、抱え込んでいただろうし、それを私たちも知ってはいたけれど、それでもステージに立つときにキラキラで強くいてくれたPrinceは誰がなんといおうと「一生アイドル」で「ボロボロになってもダメダメになっても立ち上がれる君はPrincePrincess」なんだよ。

 

なんどでも「ありがとう」を伝えたい。写真集をめくるたびにありがとうがあふれ出て来て。とめどなくあふれる感謝に包まれながら写真集を閉じようとしたときにカバーをめくるとこのサプライズで。

 

 

f:id:churatoma:20171128110735j:image

ほら。もうさ、ずるいよ。ありがとうって伝えたいのはPrincessなのに。Princeがたくさんの幸せをくれて、君たち自身が切り開いた未来をいつもPrincessのおかげってよりそってくれる。今まで私たちが支えてるなんておこがましいって思ってたけど写真集を読んで、ほんの少しだけPrinceの支えになれてるのかな、なんて思えちゃったよ。いつも優しくてありがとう。なんどありがとうを伝えてもまたPrinceにありがとうを追いこされちゃう。ずるいよ、だいすきだよ、なんどでも言うよ、ありがとう。

 

世界はまだPrinceを知らない。

絶対にこれから世界を幸せにするグループになるよ。世界はまだPrinceを知らないだけなんだ。本気でそう思ってる。

岩橋くんの「世界中の人を笑顔にしたい」っていう夢に少しだけ近づいたね。でもまだまだこれからだね。まだPrinceの物語ははじまったばかり。これからも紡いでいこう、3人で。

次にPrinceとPrincessの前に広がる景色はプリンスホテルコンサート。Princeという名前に誇って輝きつづけたPrinceへの特別なステージだね。また新たな物語がうまれるよ。

 

ありがとう、Prince。だいすきだよ、Prince。

 

 

あの日の夢はいつもここにある

 

優しくてつよくて未来をたどろうと決意させてくれた時間からもうすぐ4ヶ月になる。

はやいなぁ。あっというまだった。日にちにして120日くらい。はやいとかんじながら120日だけでもPrinceのこと、もっともっと大好きになった。

 

どうして愛はお金がかかるんだろう?って岩橋くんに問われてからあっっっというまにここまできた。なんどもこころがおれそうになったな、、、。肩をならべて歌ってた仲間といつの間にかならんで歌うことがなくなって。それでも諦めきれないとおもってたときにさらに大きなチャンスがきて。色んなことをグッと飲みこんで、何度も吐きだしそうになりながら飲みこんで、それでもとどかなくて。こんなとこで終われないって言葉をうたがいたくなるほど苦しいときもあった、今おもうと。なんどもうしろを振り返りたくなるときがあった。

でも岩橋くんはずっと前をみてた。ううん、もっと上を見てたな。そんな岩橋くんにこっそり隠れて後ろを振り返ってしまったこともあったけれど、やっぱり岩橋くんについていきたい気持ちがなんびゃくばいもなんぜんばいも大きくて。

岩橋くんのまっすぐさが私をおいていかなかった、わたし岩橋くんが弱いって思ったこと一度もないんだよ、あんなに可愛いのにね。かわいくて強いってなんっってむてきなんだろう。

 

岩橋くんの変わらぬつよさを追いかけてきたらこの夏のEXシアターに辿り着いた。

そこにいるPrinceはこれまでみてきた、どの3人よりもかっこよくて、まぶしくて、誇らしく自信にみちあふれた表情で。自信をもっていうよ。仕事がなくてPrinceを見れなくてわんわん泣きたくなった夜なんてもう幻なんだ、って。

Prince単独という言葉を思い浮かべることすらできなかった当時の自分にこの景色を見せたいなぁ、と思ってしまうほど当時の自分といまの自分がちがう感情で。それはPrince3人のつよさがくれたプレゼント。

この景色をみせてくれたのはなによりもPrince3人がステージに立つことを諦めなかったからこそ。だけど「Princessありがとう、みんなのおかげだよ」ってなんどもなんども言ってくれた。EX会場ぜんぶがありがとうとだいすきで溢れてて、このまま時がとまってしまえばいいのにと本気でおもった、そんな空間だった。

いまでも目をとじればピンク・むらさき・みどりの3色にあふれる会場がつつみこんでくれる。その景色をだれよりもうれしそうにほほえんでみてたのがPrinceで。この景色が3人にとってやさしい景色であったならうれしいな、夢になればいいな、この景色をもっともっと大きな空間で見られたらいいな、そうおもってくれたならこれほど嬉しいことはないなぁ、見ようね、ぜったいに。

 自分たちの初のオリジナルソングPrincePrincessを2回も歌ってくれて。もちろん3人にとっても大事なのはじゅうぶん承知だけどきっとなによりもあの日あの時オリジナルソングに涙を流したみんなの気持ちを感じてくれてるからこそこんなにも大切に大切に歌ってくれるのかな、なんてうぬぼれちゃったりするくらい優しい笑顔で3人はみんなこの星のPrincePrincessって歌ってくれたの。すごく苦しい時間の中で舞い降りたこの歌をこんなにもやさしい空間できけるなんて思わなかったな、ほんとにありがとう。

そして発表された3個目のオリジナルソング。描いた未来たどり着くまで。なんどもなんども未来を夢みては不条理にとりあげられた未来をまた見せてくれる。それはPrinceの揺るぎない強さだ。

Princeとして2度目の単独。EXとしては初。

 

自信にみちあふれた3人、ソロで自然と1色にそまってゆく会場、幕がとじるたびに沸きおこる歓声、だいすきとだいすきが重なり合う時間。

これまでのPrinceの活動すべてが未来へのピースを作り出し、EXシアターでそのピースがカチッとはまったよ。ぜったいにこのピースはくずれないよ、くずさないよ。私たちも守ってみせる。

 

 なんどおもい返してもやさしくて包み込んでくれるあのばしょ。またあのばしょに行きたいとおもう時もあるけれど、もうあのばしょにはかえれない。岩橋くんはいまも新しいステージを見つめているから。2017年の夏のPrinceのステージはいちどきりしかなくて、あまりにも切なく恋を知らない君へを歌う3人の姿、少年だったはずの神宮寺くんが…moreを歌ったときに男の子になったんだってハッとさせられたこと、岸くんが実はWillを振り付けしていてそれを言わないかっこよさにまた好きになったこと、PrinceコンじゃないよPrincePrincessコンだよって迷わず言ってくれた岩橋くんのまっすぐなことばに岩橋玄樹くんというアイドルをまたさらにすきになったこと、ぜんぶぜんぶこの夏の箱にたいせつにあずけていくよ。たまに箱をあけて優しいきもちになりたいな。

 

わたしにとって特別でだいすきになったやさしくてキラキラしたステージをありがとう、Princeという名前をもらって王子様のような衣装に身を包んでかがやいてる3人がかっこいいよ。ロイヤルでステージにたつだけで花が咲いたような輝きをまとっているのはPrinceだけだよ。盲目でもいい、本気で思ってるんだ。Princeという名前にほこりを持ってかがやいていってね。

 

つぎは写真集かぁ。たのしみだなぁ。しょうじきずっとずっとくやしかった。あの子達が出せるのになんでなんだろって。ほんっっっとーにうれしくて。単独ステージのときに写真集ひかえてたんだ〜って思うとなおさらニヤニヤしちゃうなぁ。恋を知らない君へでサプライズショットによろこぶPrincessの顔をみて嬉しそうだった岩橋くんの表情を思いだしたの。夢みすぎかもしれないけど、写真集がきまったとき岩橋くんの頭のかたすみにファンが喜ぶだろうなってあったんじゃないかなって。そうだとしたらうれしいな。

 

Princeが、岩橋くんが、描いた未来にたどり着くまで私はいっしょに物語をつむいでいきたいな。岩橋くんが夢をみつづけるかぎり私もその夢をみつづけるよ。

大吾くんと活ちゃんと鎌田くん

 

ラストレシピをを見てバッッッッカみたいに泣いた。

泣かないわけがないッッッ。

教祖様と舞台挨拶してる姿だけで感無量だったのに本編みたら余計にぎょええええ。大号泣。

f:id:churatoma:20171120033454j:image

西畑大吾としてのラストレシピは終わるけど作品は生き続ける」って舞台挨拶で大吾くんが言ってて。まさにその通りだなって。私は何を隠そうごちそうさん西畑大吾くんを好きになった。私の中でごちそうさんは今も生き続けている。活ちゃんが生まれ変わったらどんな事してるのかな、どんな人と出会ってどんな美味しい料理を食べるんだろう、って。決して私の中でごちそうさんに終わりはない。

f:id:churatoma:20171120033616j:image

もちろん西畑大吾くんは西畑大吾くんでしかなくて、西門活男くんとも鎌田正太郎くんとも違う。それでもやっぱり大吾くんが美味しそうにご飯を食べてる時、なんとも言えず胸が締め付けられる。これが作品は生きてるという事なんだろうなと私は思う。

 

大吾くんと料理と戦争はもう西畑担にとって切っても切り離せない。

前半ラストレシピの鎌田くんを見て嬉っっっしくて仕方がなかった。あぁあんなに活ちゃんがしたかった料理ができてるんだなぁって( i _ i )次々と豪華絢爛な料理を考えていく鎌田くん。この料理を活ちゃんが見たらどんな顔するかなぁ。どんな事言うのかなぁ。「お母ちゃん!すごいなぁ!ワシこんなん見たことないわぁ!どんな味すんねやろ!」ってキラキラした目で言うんだろうな・・・。そう考えるだけで涙が溢れて堪らなくて。別モノだって頭で分かっていても、どこか重ねてしまう西畑担の性・・・。アイスクリンアイスクリン作ろな・・・牛乳入ったオムレツも・・・ってセリフが思い出されてしょうがなかった(泣)(泣)(泣)

そして何よりも鎌田くんが鰹節を削るシーンが描かれてるの泣きませんでした!?

私!?あそこで大号泣!!!

きっと私の隣の人びっくりしたろうな、超超超エアリプですがすみません(笑)

 

レシピが完成されていくにつれ鎌田くんの表情に曇りがかっていくのが不安で仕方なかった。(曇りを絶妙に表現してる大吾くんの演技力にも泣いた…)そして事実が明らかになった時、また胸が苦しくて苦しくて仕方なかった。

本日思い立ってラストレシピ2回目観てきたんですが2回目に見る鎌田くんの姿は余りにも切なく苦しかった。真実が分かってから見る鎌田くんの表情がやり切れなくて、悔しくって…。

戦争が、この時代が、、、またか、またなんだ。

 

ただひたすらに料理が好きなだけだったのに。二人とも。

夢を追いたかっただけなのに。夢を追うことが皮肉にも自分自身を苦しめる事になるなんて、、、。

「私に拒否権はありませんでした…!」そう鎌田くんは言った。山形さんの最期の時「ただ料理をしたかっただけなのに…なんでこんなことに…」そう鎌田くんは言った。そして最後まで自分を"料理人"だと言ってくれた憧れの人を目の前で殺された。

看守をやればいいだけのはずなのに夜中に魚の捌きを練習してた鎌田くん。純粋に料理を楽しんでた時間もあったろうにな。もし違う時代なら看守なんてせず山形さんと進化する料理を作っていってたろうにな。

 

戦争という時代が若者の夢の選択肢を奪った。

必死に夢を掴みにいき命を落とした活ちゃん。選択肢を与えられず従い苦しみ続けた鎌田くん。

どちらが苦しいかなんて計り知れない。

二人ともこの時代じゃなければきっと、、、って思ってしまうのが悲しくてしょうがない。

 

ここまで私がくそ重い記事を書いてしまうほど戦争という時代を伝えようとしてくる大吾くんの演技力に私は感服するしかないんですよ。

お節介おババのような事を言い始めますが、ごちそうさんの時(今もだろうけど)大吾くんは高校生。現代っ子としてはカッコつけたいお年頃じゃないですか。お仕事とはいえ、丸刈りにし眉毛もボサボサにして戦争時代の少年を演じるというのはかなり勇気のいる事だったと思うんです。それを演じきった大吾くん。そして私もそうだけど戦争を知らない世代が戦争を演じること。単純な言葉だけど難しいと思うんです。どんなにその時代の人の気持ちに寄り添おうとも、現実は想像よりも遥かに重く苦しい。それでも朝ドラという大きな作品でたくさんの人の心に残る西門活男くんを生きたこと。それは大吾くんが戦争に生きた人々をきちんと尊ぶことができる子だったからこそだと思うんですよ。大吾くん、ごちそうさんも生き続けてるよ。もちろんラストレシピも。大吾くんの作品はこれからも生き続けていくよ。

 

あぁ世界中の人に西畑大吾くんの凄さを大声で叫びたい!!!

 そんな衝動に駆られたラストレシピでした。見てない人は今すぐ映画館へGo!ハンカチ忘れないでね!!!

 

帰ったらお迎えしてほしいジャニーズジュニア

きみはペットの生活をしたいと本気で考えているファンタジー脳みそ人間です。こんにちは。

f:id:churatoma:20170926145151j:image

 

さぁタイトル通り好き放題喋りまっす!

そして安定に私情が濃縮されまくっています。悪しからず❤︎︎

 

 

 

岩橋玄樹

f:id:churatoma:20170927140054j:image

ウルトラ可愛いお顔でお迎えしてくれたら1日の全てを忘れられますね・・・。いてくれるだけで毎日3万はあげたい。だってふと家を空けた隙にいなくなってそうなんだもん岩橋くん・・・。しかもなんの思い出のモノも残ってない事に後になって気づくの。思えば連絡先も知らない…。置き手紙もなく岩橋くんがいた跡形は1つもなくて…。だから繋ぎ止める事に必死になりたい。

「おかえり。お腹空いたぁ〜」「ピーマン嫌い〜…抜いて?❤︎︎」「もう行くの?…もうちょっといよ?」ウルトラキュートなそんな顔で言われたらホイホイ言うこと聞くわ(真顔)

そしてライバル志尊淳くん(勝手に言うてる)がやったのなら我らが岩橋玄樹くんもやらねばでしョ!!!

 

 

宮近海斗

f:id:churatoma:20171012142831j:image

「よく頑張ったね、エライ!」って頭ポンポンされたい。あの無邪気な笑顔でちょっと上から来てほしい。生意気なのがカワイくて仕方ない。「今日は○○の好きなハンバーグだよ!」って作ってくれてるの〜〜〜。うお〜〜〜癒やされる。気が利くねェ!!!この可愛いお顔で「…僕はどこにもいかないよ?」って言ってほしい!嘘でもいいからっ!!!

お姉さん馬鹿だから信じる!

宮近くんはファミクラでスーツのお姉さんに他の子がありがとね〜!って普通に接する中「お仕事お疲れ様!」って声を掛けたというエピを目にしてからというものの成人女性の味方というイメージを持ってるから絶大な信頼を置いてます!

 

◇七五三掛龍也

f:id:churatoma:20171013032336j:image

ていうか全体的にトラジャは家で飼いたい系男子が多いッスよね(家で飼いたい系男子とは)

しめちゃんはお顔がお迎えしてくれてますやん(?)多分私が帰った時点でしめちゃんはすでに美味しいご飯(済)「あ♡おかえり〜♡今日はね〜美味しいオムライス食べてきた♡隣のテーブルのお姉さん達がね奢ってくれたの♡」

そのお姉さん達きっと私と類友だね☆仲良くなれそう☆

「明日は何しよっかな〜ボーリング行こっかな♡」

うん、しめちゃんのために明日も働くね!!!任せて!!!

「ありがとう、大好き♡」って無邪気にハグされてホイホイ喜ぶチョロい私。

お風呂入ってるしめちゃんに「ねぇ髪洗ってぇ〜」って甘えられたい。とことん尽くしてダメにしちゃいたい。ダメになればなるほど魅力倍増な感じ。

 

 

阿部顕嵐

f:id:churatoma:20171114143549j:image

「あ、おかえり。今日も俺のためにありがとね。」って当たり前のようにサラッと言ってくれオブNo.1。別に申し訳なさそうでもなく有難そうでもなくごくごく自然と当たり前のように家にいてほしい。

「俺今日から3日くらい帰らないから。けものフレンズ録っていてね」「だって俺、あなただけじゃないし…」「でも君は俺だけのものでしょ?」

これが顕嵐ちゃんに言われたいセリフ3選です。けものフレンズ録り忘れて結構がちで怒られたい。

ふらっといなくなる日はきっと他の所に行ってるんだろうなって察しがつくんだけど当たり前のように帰ってきてくれるから何も聞けなくて。あの目で見つめられたら何も言えなくなる〜。

 

 

◇高橋恭平

f:id:churatoma:20171111042500j:image

未来のヒモ候補!アホの高橋!口を開けば卍!

知らない方は即ググろ!!!

「あ、おかえり〜今日なぁトイレ掃除しようと思ったらな〜なんか水溢れてきてもてさ〜」ってヘラヘラと軽い口調でとんでもない事抜かしてきそうなのが恭平くん。しかしこの顔面力で全て許せるし、なんなら努力しようとしたのねって甘やかすの確定。料理しても焦がしそうだし掃除すると逆に散らかりそう感すごいけどいいよ!!!その顔面で私の家にいてくれるだけでお姉さん全てにおいて面倒みるよ!!!任せろ!!!

君はずっと鏡見てさらに顔面を磨いてくれればお姉さんオールオッケーだから!!!

 

西畑大吾

f:id:churatoma:20171114145511j:image

絶賛茶番がすごい。そして懐かしのモンチッチ。

「おかえり。…ん。おいで♡」って両手広げてくれる大ちゃんに飛び込みたい。年下のはずなのに甘やかし上手でたまらない〜!かと思ったら抱きついてる私をはがして「…お腹減ったな♡」ってクシャ〜って悪戯に笑ってほしい。くぅー!たまんねぇー!何をしてるのか分からないけど日中はどこかに行ってるみたい。何をしてるのか聞いても上手くはぐらかされて。でも分からないまま、ずっと大ちゃんとの時間に溺れたい。

「俺ずっとここにおってえぇの?」

いいに決まってる!!!

いつも女の子みたいで無邪気にしてるだけで油断してたら「あーぁ。またそんな格好してる…忘れてへんよな、、、俺、男やねんで?」はい!キタコレ!俺、男やねんで?選手権ナンバーワン!!!この後はご想像にお任せしましょう。

 

 

 

はい!私の超超超自己満足記事でした!

いつか可愛いペットが来てくれるといいなぁ(一生無理)(さらに沼)

ジュニア大賞を前に思うこと

 

今しか書けないので一息でザザッと勢いのまま書きたいと思いまっす。

毎年ながらこの時期は緊張する。このMyojoジュニア大賞が本人達にとってどこまで影響してるかなんて正直分からない。けれどメディアに取り上げられやすい案件である事は確かですよね。

 

なんてたって岩橋くんには史上初の5連覇がかかってる。岩橋担の執念の見せどころ。

本当は誰も達したことのなかった4連覇を制覇した時点で岩橋くんには華々しく卒業してほしかった、…卒業できると思ってた。なんで5連覇なんて目指さなきゃいけないんだろうとふと思うときだってあるのも事実だ。岩橋くんは可愛いお顔だけじゃなくかけがえのない仲間も見つけ、歌をドラマと思い歌ってる。ステージに立つと誰よりも美しくてキラキラしてる。何でこの子がこんなにも待たされなくちゃいけないのって悔しくなる時がある。

5連覇がジャニーズジュニアにとって華々しいのかは分からないけれど、挑むと決まったならもう岩橋くんには1位の景色しか見せたくない。1位しか見せちゃいけないと思う。

 

私は普段みーんなそれぞれ格好良くてステージに立ってる姿を見ると全員がデビューできたらいいのになと思うほどには母性が余りに余りまくっている。節操なく色んな子にトキめく幸せなタチだ。

でも毎年ジュニア大賞を書くと思う。あ、やっぱり私は岩橋担と西畑担なんだなと。やっぱり名前が上位に上がってくれーって執念で書く名前は岩橋玄樹西畑大吾で溢れてる。

 

まぁもう正直ここまでジュニア大賞に執念かけてるヲタクは岩橋担だけかもしれない(笑)それだけ岩橋くんは数々の1位を取ってるんだよね。去年が9冠なら今年は10冠目指すしかないじゃないですか。高い景色を知ってるならもっと見たことのない景色を見せてあげたいだけなんだ。

 

平野くんのめまぐるしい活躍は怖いし、ずっと2位をキープしてる廉さんだって這い上がる時をまだかまだかと待ってるだろうし。岩橋くんが簡単に5連覇できる状況だとは思ってない。ファンの感じを見てるとBファンも根強そうで怖い。

 

神宮寺くんの言葉にもあったけどもし叶うならばPrinceで表彰台独占できたらいいのになぁ…なんて夢見てる。難しい夢だろうけどね。大ちゃんはずっと言ってる大吾の5位に登ってほしいなぁ。とにかく岸くんの言葉にもあったように順位が動くといいなとは思う。去年は殆ど動きがなくて驚いた。あくまでも1位は不動で、、、(笑)あと私は奇しくも力になれなかったけど顕嵐ちゃんも今年の活躍で順位が上がってたらいいなと陰ながら応援してる。

 

岩橋くん、必ず君に5連覇の景色を届けてみせるからね。いつもファンに笑顔をくれる岩橋くんに必ず返したい。返してみせるよ。

 

自担が一夜限り6人目の嵐になりました

 

2017年11月2日。

この日を私は忘れない。(始まりがクソ重い)

f:id:churatoma:20171102232504j:image

大ちゃんがプラスワンゲスト。決まった日から待ち遠しいやら緊張するやら。

だってプラスワンだよ!?

対戦チームとは訳が違う…。絶対的にフューチャリングされる枠…世の中に西畑くんの可愛さが存分にバレる…!!!最高か…!!!

 

大ちゃんの夢を掴みとる力、有言実行力には頭が下がる、、、驚きっぱなし、、、叶うのは5年後かな?なんて思ってた事を5日後に掴みとるような子だ。いつだって私は大ちゃんの背中が見えるところにいたいなぁと思う。

 

f:id:churatoma:20171102232805j:image

なんて素敵な紹介をしてくれるんだっっっ!!!なんて素敵な画像!!!けしからん!!!この画像は家宝っす!!!

 

f:id:churatoma:20171102234811j:image

大ちゃんのプロフィールに二宮和也という四字熟語がなかったことはない。

f:id:churatoma:20171102235022j:image

f:id:churatoma:20171102235109j:image

共演したら爆発するとまで言ってて雑誌の撮影でオムライスにケチャップで「ニノ」と書くというヲタクがふふっ♡と密かに楽しむようなことをしてる始末だ。ライブにも必ず足を運び差し入れやお手紙を書く大ちゃん。よし、みんなで声を揃えてせーの、ヨッ!二宮教!

f:id:churatoma:20171102235434j:image

そんな子が二宮くんとCM共演・映画共演・ついにはずっと出たがってたVS嵐にプラスワンゲストで出演。

はぁぁ泣く!!!

 

大ちゃんが昔からニノの事が純粋に大好きで言い続けてたのを知ってるからこそほんとにたまらなくて。中には「どうせ売名でしょ。ニノが売れてるから」って言われてる時もあった。媚を売ってるって誤解される時もあった。伝わる人に伝わればそれでよかったけど、やっぱり切ないなと思ってた。だってレコメンでもPとJKの時でもブレず変わらず憧れの先輩は二宮くんですって貫いてたんだよ。純粋にニノが好きなだけなの。だから今回のVS嵐できっと大ちゃんの純粋な思いが伝わったろうから嬉しくて嬉しくて…。

 

 

f:id:churatoma:20171102233515j:image

f:id:churatoma:20171102234210j:image

もっとガチガチに緊張してるかと思ってたけど嵐さんの優しさもあり、割とのびのびとにこやかでちょーーーーーカワイイ( ; ᴗ ; )いや、ほんとは爆発しそうなくらい心臓ドックンドックンだったはずなんだけど!!!こういう時にきゅるるんスーパー可愛い姿を見せれる所こそ関西のエースだ!!!って更に西畑沼に自ら溺れてます。ズブズブズブ。

 

 

そしてなんてったってゴールデンの影響力はんぱねぇ。「西畑くん」で検索するとまぁ〜〜〜出る出る。賞賛の声( ; ; )(大袈裟)ついには西畑くんでスペースを空けると「かわいい」と出る世界!!!世界こんにちはー!!!大ちゃんが色んな人に見つかるんだなぁ。嬉しいなぁ。

 

そしていつの間にやら二宮教〜特別枠〜になりつつある大ちゃん(泣)うぅ(泣)

f:id:churatoma:20171103002036j:image

f:id:churatoma:20171103002055j:image

f:id:churatoma:20171103002912j:image

前のと合わせて(財布の紐の固い)二宮様から五万円もらっちったね大ちゃん!!!

 

流星の絆見て憧れて入所し、嵐のライブに通い銀テを嬉しそうに持って帰り、見てるだけで十分と言うほど好きで好きでたまらない先輩にこんなに可愛がってもらえる大ちゃん凄すぎひんか???冷静に考えても考えなくてもスゴい。すごすぎる。

みんな知ってた?西畑大吾くんまだデビューしてないんすよ。

こんなに夢を掴んで行ってる大ちゃんにはまだまだ無限の夢が詰まってるんですよ。有言実行という言葉をこれほどまでに体現するアイドルは私は大ちゃんが初めてです。

f:id:churatoma:20171103002629j:image

だからきっと口にした事を実現してくれる。どんなに時間がかかってもいいの。大ちゃんが諦めない限り私は信じ続けるだけ。

 

西畑大吾くんを好きになって後ろを振り向いた事がないんです。次々新しい景色へと連れて行ってくれる大ちゃんに手を引かれてここまで来た気がします。それほどたくさんの努力も苦労も背負い込んで駆け抜けてきたんだろうな。その中でこのチャンスを掴みとったのも大ちゃん自身だよ。客席から見てた場所から同じ番組に出るなんて簡単にできる事じゃない。

一夜限りでも6人目の嵐という夢のような時間を届けてくれたことありがとう、そしておめでとう。

 

そして今日はラストレシピ公開!!!

さぁ次はどんな景色が待ってるのかな。