未来はこの手の中に

軽率にかわいこちゃんをぺろぺろします

自担にチケット当選を祈られた話

 

先日西畑大吾くんのかんじゅ日誌が更新された。

 

某アーティストさんのライブのアリーナ神席が当たり、とても楽しかったという内容があった。そこでファンのみんなの心理に近づいたように感じたという。

そして「皆さんがチケット当選しますように。」と書いてくれていた。

 

大吾くんがいつのまにやら免許取ってたことも、まさにしでサシで酔っ払ってた話もとんっっっでもなく最高で胸がきゅうんとなってね?ぎゅーんってなってね?なんていうか知ってる?愛しいって言うんだよ、まさにし愛しいだよ。状態だったのだが、それ以上にチケット当選をお祈りしてくれたのが不思議と嬉しかった。

 

私は大吾くんのこういう所が好きだ。

普段はどちらかと言えばファンの人にドライに振る舞う大吾くん。だけど大吾くんの目線の先には常にファンが見えているように思う。かんじゅ日誌では「いつも長くなってごめんな。」と言ってるけれど、あれだけの内容を思い出して書きとめるにはかなりの時間を要するだろう。

 

私はまいジャニの番協に2度足を運んだ事がある。その中でも大吾くんは「待ち時間長かったですよね、ありがとう」「この振りよかったですよね」とか率先して言ってくれていた。スタッフさんにも毎回「ありがとう」と必ず言っていたのは大吾くんだった。

特に白い彼がいなくなった後の収録では、いつも以上に盛り上げようとしていたのを肌で感じた。康二くんと前説で笑顔をくれたのを今でも覚えている。ファンの人の気持ちを敏感に察してたんだろうなぁと。

 

そんな大吾くんがプライベートで行ったコンサートでもファンの人の心理を考え感じ取ってくれた大吾くんの気持ちがとっても嬉しかった。大吾くんらしいなぁと思った。

 

実際ファンの人の気持ちに寄り添うのって大変だと思うんですよ。キラキラしたステージの中へ必死に進む中でファンの人をしっかりと見つめる事は口で言うより難しいと思う。もちろん表面上な事くらいは誰にだって言えるけど。

 

よくアイドルのみんなって「コンサートやるんで、ぜひ遊びに来てくださいねッ☆」なんて爽やかに言い放つじゃないですか。

私はそのたびに心の中で

・・・当たったらな!と叫んでいる。私は自分でも自覚するくらいチケ運絶望的なので!なぜか唯一神的に強かったセクゾ名義の更新忘れてて手放してしまった自分を往復ビンタしたいので!当落のメール無心で開けるくらい悟ってるので!

 

「コンサートへ遊びに来てくださいね」という言葉を「チケット当選しますように」という言葉に置き換える所が大吾くんらしくて好きだなぁと思ったかんじゅ日誌でした。