未来はこの手の中に

軽率にかわいこちゃんをぺろぺろします

それでもステージに立ち続ける

 

「悔しい」

西畑担よりも関西Jr.のみんなよりも誰よりも西畑大吾くん自身が。

 

3月24日の春松竹で大吾くんが体調不良となりました。

 

最初にご了承頂きたいのですが、私はこの日の公演には入っておらずあくまでもレポを見て私が感じたことをとりとめなく書いております。事実とは違う事を書いてるかもしれないという事をご了承ください。

それでもどうしても書かずにはいれませんでした。

 

お昼で喉ガラガラというのを聞いて心配していました。夜はもうフラフラでスタッフさんに抱えられるほどだったみたいで…。

 

みんながアンコールしなかった気持ちすごく分かる。誰より大吾くん自身がファンの人の「早く休んで」ってメッセージを感じたんじゃないかな。それでも大吾くんは「アイドルだから」。今日を楽しみにしてた人がいる。今日しか来れない人がいる。大吾くんの笑顔を楽しみにしてた人がいる。

このままみんなに心配とモヤモヤだけを残して帰したくない。そんな思いで、…そんな思いだけで大吾くんはアンコールを奮い立って笑顔でいてくれたんじゃないかな、と。

 

康二くんがエレベーターに向かってる人たちにも「コールしてほしい。俺ら待ってるから」と呼びかけてくれた事を知り、涙が止まりませんでした。大吾くんの悔しい気持ちを誰よりも近くで感じてたのは康二くんだと思うから。

 

 プロ意識の高い大吾くんだからこそ誰よりも悔しいだろうし、誰よりもアイドルとしての西畑大吾を責めてるんじゃないかと心配してます。

もちろんプロとして体調管理をすることは大事ですけど、思いと体がいつだって合致するとはいかないじゃないですか。それがたまたま今日だったってだけで。責める必要はないんだけど、責めたくなる気持ちも痛いほど分かる。

 

けど今の大吾くんに必要なのは休息だと思う。大吾くんは一人じゃないから。甘えられる時は甘えたっていいと思うんです。大吾くんの気持ちはみんな痛いほど感じてるよ。

 

もちろん大吾くんはプロであって、関西Jr.のメインであって。お仕事に穴をあける事が許されない立場にあると思います。

そして大吾くんの性格上無理をすると思うんです。収録も控えてて春松竹もまだ残ってて。ステージ上で倒れてしまうほど限界の大吾くんに過酷なスケジュール、、、。ファンとしては自分の体を最優先に考えてお仕事してほしいと願ってます。

 

大吾くんが心配する目で見られるのを何より嫌がるのも分かるんだ。けど…心配くらいさせてね。人には限界ってものはあるし、休むことも必要なんだよって事を心に留めててね。

 

でも限界までステージに立って、ライトが当たると笑顔だったってレポを見て「あぁ、大吾くんだなぁ。私が大好きで尊敬してる大吾くんだ」と思ったのも事実なんです。矛盾してるんだけど。限界でもステージに立ってくれてありがとう。そんなあなたがかっこいいよ。誇りだよ。関西Jr.のエースの意地を感じました。

 

そして大吾くんの悔しい気持ちを感じ取って配慮してくれた関西Jr.の仲間に感謝してます。代役となってくれたみんなも急な変更で大変だったと思うんです。本当にありがとう。そしてお疲れ様でした。

 

大吾くんにとって悔しいステージになってしまったかもしれないけれど、それと同時にたくさんの温かさを感じるステージだったと思うんです。アンコールで最後に大吾くんが流した涙はどっちの思いもあったんじゃないかなと勝手に思ってます。起こることには全て意味があると思うんです。悲しいことも嬉しいことも悔しいことも全て。だから大吾くん、自分を責めないでね。

 

今みんなが待ってるのは大吾くんの元気な笑顔だよ。それだけだよ。

とにかくゆっくり体を休めてね。