読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手のかかる子でして。

軽率にかわいこちゃんをぺろぺろします

多ステについて

 

多ステはジャニーズ特有の文化だと思う

 

その為沼にはまってない人間には多ステについては、全く理解できないようである。

「え?ライブ3回行くって同じやつに?」

と言い放った友人の冷たい目を私は忘れません。

…いいんだ、いいんだ。

所詮私は沼の中の人間である。

 

しかしこれは沼の中の人間でも大きく賛否が分かれる。

では早速、沼の中の人の声を聞いてみましょう〜!

ズブズブズブ…

 

A子「1回入れたら幸せ!たくさんのファンが入れますように!」

 

B子「ツアーだと!?東京、大阪、名古屋…。昼の元気な姿と、2公演目で頑張ってる姿どっちも拝まなきゃ気が済まない!」

 

 

 

 

 

無論私はB子と気が合うだろう。

 

 

では、多ステの魅力とは何なんだろうか。

実は、私も昔は多ステが理解できない人間であった。=まだ平和な地上にいた

「1回入れたらいいやん」とお気楽安全圏だったのである。

ちなみにこの時はジュニアにまでは降りていなかったのも大きかったと思う。

 

しかし、気づいてしまった。

多ステの楽しさに。

 

☆〜ワタシ的多ステ楽しみポイント〜☆

 

◎1回目は何も見ずに行く

1回きりのライブなら、少し迷うけれど多ステなら思い切りできますよね!

 

1回目は何も見ずに行って、「ええええ!この曲歌うのおおおお!」「うぎゃあああ!こんな演出するのおおおお!」「自担このブロ担当かよ!近いよおおおお!」と思う存分はしゃぎまくれます。

 

なんて新鮮なリアクションなんでしょう!

セトリが簡単にバレてしまう現代で、新鮮に驚いてくれてるファンがいたら自担だって泣いて喜ぶだろうよ。(言いすぎ)

 

そして2回目はセトリを知ってる余裕かまして、「あーもうすぐあの曲じゃん!タオル用意しないと!」「もうすぐ自担が近くに来るぜ!(団扇スタンバイ)」と、自担からのファンサを待ちましょう。

 

◎自担の動きを細かに見る

 

1回きりだと、やはり他のメンバーの見所がある時は自担でさえも見逃してしまいませんか?

…え?そんなことない?

盲目に自担見てるって?

アンタえらいな!!!!!!!!!!

私なんて目移りパラダイスだよ!!!!!

目移りパラダイスしてしまう私にとって多ステは必須である。

 

1回目は思いっきり目移りパラダイスをしちゃいます☆

「うお!○○かっこえ〜…ん!?今自担に黄色い声が!何したの!?」なんて事もしばしば…。

いいんだ、まだ終わっちゃいねぇ!

 

2回目以降は自担に盲目な時間を楽しみましょう。

暗転した中でファンサをする神々しくアイドルな自担を拝めます。

暗転した中でピンポイントにファンサしてる瞬間を拝むの大好物です、ワタシ。

あの瞬間を見るとアイドルしてんなぁ〜なんてオッサン臭いこと考えてしまいます。

 

 

◎MCの成長を見守る

あぁ、昨日はうまく言ってなかったのに今日は盛り上がってる!

よかった、自担トーク力あがってる!と成長をメキメキ感じられます。

 

昨日あんなつまんなかったのに、どうしたよ、今日は!?と予想以上の感動を味わうこともしばしば。

 

 

◎ファンの反応の違い

これが個人的にすごくおもしろい。

同じ公演であり、セトリも変わってないのにファンの反応が昨日と今日では全く違う。

その日に入る担当人数の配分によって黄色い歓声の上がるポイントも変わるのだ。

 

一度ドセンターRedアイドルに歓声が上がらなかった公演は個人的にたまげました。

「今日は革命でも起こるのか!?」と。

まぁそれほど、1公演1公演違うものなのですよね。

 

自担の団扇が少ない日はより一層自担が愛おしくなります。

「私はみてるよ!ほら!なんでケツ見せんだよ!ちくしょう!それでも可愛いな、ちくしょう!」…と、まぁこんな感じで。

 

 

 

 

まぁ、語りだすと止まらないのでこの辺でお開きにしますが、多ステをお嫌いな皆様すみません、私はこの毒牙から抜けられそうにありません。

 

 そして、最後に1言いいですか。

 

チケ運下さい…。